ソーシャルレンディングのしくみ

ソーシャルレンディングの仕組みは、ソーシャルレンディングサービス会社(以下サービス会社)が投資家から資金を集め、それを借り手の企業に融資。その利息と元金からサービス会社が手数料を差し引いた分を投資家に還元するというものです。
現在、日本国内のソーシャルレンディングは、サービス会社が貸し手から集めた投資金をまとめて「ローンファンド」を作り、借り手を審査して、貸付金額、期間、金利を決定し、ローンファンドから融資を行う「貸付型・ファンド型」が一般的です。
一般的な貸付型・ファンド型の投資の流れを見てみましょう。

図A

借り手がサービス会社に融資の申し込みをします

②サービス会社は申し込みのあった企業の審査を行い、格付けをして融資の可否を決めます。融資を行う場合はその規模や期間、金利を決定します

③募集内容が決まったら、サービス会社のWebサイトで投資のローンファンドの募集を開始します

④投資家はローンファンドの募集内容を見て、あらかじめサービス会社の口座に預託していた資金を投資します

⑤ローンファンドの募集金額が満額になるか、募集期限終了時点で条件を満たした場合、借り手にローンファンドから融資されます

⑥借り手は貸付条件に従って元本と利息を返済します

⑦サービス会社は元本と利息から所定の手数料を差し引いた額を投資家に配当します

ソーシャルレンディングのタイプはこの他に、サービス会社か提供する格付け情報を元に、投資家が貸付金額、期間、金利を決定する「マーケット型」や、借り手が事業内容など借り入れの目的や、信用度をアピールし、貸し手がそれらの情報を元に投資・融資先を決定する「オークション型」があります。

おすすめ記事

  1. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
  2. 投資家目線のソーシャルレンディングを正しく理解するために、仕組みが似ている「債券」について学んでおこ…
  3. 群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、ソーシャルファンディングとも呼ば…

ピックアップ記事

  1. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
  2. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
ページ上部へ戻る