ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは資金を必要とする借り手(ボロワー)と、資金を運用して増やしたい貸し手(レンダー)を、インターネットを介してマッチングする金融サービスです。

これまで、企業が新たな事業をはじめたり、規模を大きくしたりするために必要な資金を調達するには銀行からの融資や、株式・社債の発行によって行われてきました。
しかし、特にベンチャー企業のような信用のあまり高くない企業は、銀行からの融資は受けにくく、ベンチャーキャピタルからの出資というような限られた形での資金調達しかできませんでした。
近年、インターネットの普及により、貸し手と借り手をマッチングさせることが簡単に、かつ低コストで運営できるようになりました。それを事業化したのがソーシャルレンディングです。借り手は低金利で資金調達ができるようになり、貸し手には高利回りの利益が得られる可能性があるということで、投資先として非常に注目を集めています。
2005年にイギリスのZOPAが開始し、その後アメリカで2006年にProsper、翌2007年にLending Clubがサービスを開始。その後、ヨーロッパ、東南アジア、そして日本でも続々とサービスを開始する会社が増え、市場は急拡大しています。
同じように起業家やベンチャー企業に直接ネットで投資を行う、クラウドファンディングと似ていますが、クラウドファンディングの「利益」が投資によって生み出された「モノ」や「サービス」なのに対して、ソーシャルレンディングは「お金」が利益として帰ってくるので、「投資型クラウドファンディング」という呼び方をされることもあります。

おすすめ記事

  1. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
  2. 投資家目線のソーシャルレンディングを正しく理解するために、仕組みが似ている「債券」について学んでおこ…
  3. 群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、ソーシャルファンディングとも呼ば…

ピックアップ記事

  1. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
  2. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
ページ上部へ戻る