実のところの本音!ソーシャルレンディングやってみてどう?【しゅうまいの体験談7】

お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。

全くの初心者がソーシャルレンディングに挑戦して成長していく(本当に成長できるか?!)様子を連載していますので、よろしくお願いします!

今回の体験談は

今回は、いったん今までをふり返ります。
ソーシャルレンディングやってみてどうだった?の本音トークです。

前回までの流れ

あまりソーシャルレンディングに詳しくない初心者のしゅうまいが
・セミナーに行って勉強し 【しゅうまいの体験談1】
・登録をして投資口座を開設し 【しゅうまいの体験談2】【しゅうまいの体験談3】
・投資するファンドを探して迷い 【しゅうまいの体験談4】
・ファンドを選び申込み、ファンドが成立 【しゅうまいの体験談5】
・無事に分配金を受け取る 【しゅうまいの体験談6】
というところまでたどり着きました。

最初はここが良いな!と飛びつきました

最初はソーシャルレンディングは簡単にお金が増えそうで毎月分配金がもらえる!というのに惹かれました。

お金を銀行に普通に預けていても殆ど増えないか、むしろATM手数料がうっかりかかってしまいマイナスになる今日この頃です。
こんな時分に5%以上の利回りは大きいです。

例えば100万円が放置しているだけで105万円になったら結構嬉しいなと思います。
「不労所得」って、甘い響きがしますよね。

実はいろいろなリスクもあります

しかし、出資している間は出資額は自分の手元に無い状態になります。
ファンドの出資先が完済してくれないと、お金は戻って来ません。
貸し倒れのリスクを運用期間の数ヶ月〜1年くらい持つことになります。

しかも匿名組合契約は出資先が分からないのです。
誰にお金を貸しているんだか分からないので、ソーシャルレンディング事業者のファンド担当者の目利き力を信用するしかありません。

1案件には複数の借り手を組み合わせてあるので、リスク分散ではありますが、リスクが倍とも考えられます。

ファンドは不動産開発系のものも多いですが、大地震が起きたりショッピングモールの開店が不人気で失敗したりしたらどうなるんだろうという不安もあります。

元々は銀行がお金をあまり貸してくれない分野への出資ですから、貸し倒れリスクは忘れないようにしなくてはなりません。

なお、不動産担保付き・保証会社付きのファンドもありますので不安な場合はそういったファンドを選ぶのも手でしょう。
また、3ヶ月など短期で終わるものから始めてみると、1サイクルを体験できる期間が短くて済みます。

小さくない振込手数料

数々のリスクを乗り越え無事にお金が完済されたとします。
次に立ちはだかるのが、出金にかかる振込手数料です。

例えばmaneoで他行振り込みを3万円以上すると1回756円もかかります。
つまり、これ以上の金額が増えていないと赤字になってしまいます。

入金した時点では必ず赤字になるということは最初から知っておくべきことだと思いました。

それでも魅力的なところ

今は色々な投資方法があります。株式に投資信託にFXに…

しかし、それらは結構な変動の幅がありますので、チャートを見ては一喜一憂している人も多いのではないかと思います。

一方、ソーシャルレンディングは日々のチャートを見る必要がありません。

私はトレードが苦手!あわてて高く買ってしまい下がって泣く泣く手放すという下手くそ!
そんな方には、投資したら完全放置のソーシャルレンディングが良いと思います。

毎日チャートに貼り付いている時間を時給換算したら、放りっぱなしのソーシャルレンディングの方がお得かもしれませんね。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
しゅうまい

しゅうまい

投稿者プロフィール

お金の話が大好きなブロガー兼フリーライターです。以前は銀行のインターネッ
トバンキングを作るシステムエンジニアをしていたことも。最近はビットコイン
などの仮想通貨が面白くて自分のトークンも発行しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
  2. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
ページ上部へ戻る