はじめてのソーシャルレンディングでファンド申込!maneo編【しゅうまいの体験談5】

お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしているしゅうまいと申します。

全くの初心者がソーシャルレンディングに挑戦して成長していく(本当に成長できるか?!)様子を連載していますので、よろしくお願いします!

今回の体験談は

今回は、maneoでファンドの情報を確認して申し込むところまでの、だいたいの流れを解説します。

準備しておくもの

・maneoのログインに必要なIDとパスワード
・デポジットを入金済みであること
・投資金額を振込できること

今回の私の失敗談は…

実はどれに申し込むか決めている間に満額になり終わってしまったものもありました。
グズグズしてはいけません。

どのファンドに申し込む?

前回の体験談4ではファンドの詳細の画面の1つを開いて、あまりに膨大な情報量に驚いた私です。
これらを全部チェックして判断していくのは大変そうだ…。

そこで私が着目したのが、「投資可能金額」が低く「利回り」が良いファンドです。
こちらは2万円から投資できて、利回りは「5%〜7%」となっていました。
一覧をクリックするとファンドの詳細を見ることができます。

ファンドの内容をチェック!

募集総額は705万円で私がこのページを開いた時点では既に63%の集まり具合でした。
運用利回りは年利で5%〜7%となっています。
シミュレーションでは概算ですが収益の金額も計算してくれます。

この画面を下の方にスクロールすると更に情報が表れます。
ファンドは2件の組み合わせで、それぞれの事業者について名前は公表されません。
ソーシャルレンディングにおいては匿名にすることが金融庁からのお達しになっているとセミナーで聞きました。

1件目は705万円のうち700万円でほとんどを占める案件です。

2件目は5万円と少額の案件です。
案件は1件だけではダメでファンドでは複数組み合わせるようになっているそうです。

更に下には案件担当者からのコメントが記載されています。
不動産事業者への運転資金の融資で、物件の評価に対して十分に掛け目をみて融資を実行しているとの内容でした。

正直なところこの情報で私は投資の判断ができませんでしたが、とても少額からトライできるので、何事も経験だと思って申し込むことにしました。
実は他のページなども見ているうちに募集が終了してしまったものもあり、迷っている時間をかけるよりは1つでもやってみようと思ったからです。

申込は簡単

ページの一番下にある「このローンファンドに投資する」ボタンを押すと申込プロセスが始まります。

と言っても簡単なもので、金額を指定して、確認の文書をPDFで読んで同意のチェックボックスを付けるだけです。
(当然ですが、この金額以上のお金を既にmaneoに入金している必要があります。)

途中の確認画面を進めると、最終的に完了画面が表示されました。

この時にメールでも申し込んだ旨の確認が届きました。

そして、募集金額に達してファンドがめでたく成立すると、またメールが届きました。

こちらとしてはこのファンドについては、あとは分配金がmaneoの口座に貯まるのを楽しみにしつつ、貸し倒れしないように最大7ヶ月間お祈りするというだけになります。

感想

ソーシャルレンディングはファンドごとの募集金額がそんなに高額ではないので、数時間から半日程度で満了してしまう場合もあり、スピード勝負になることが分かりました。

モタモタしていると終わってしまうので、良さそう!と思ったら申し込んでしまうのが良いのかもしれません。直後ならキャンセルもできますので。
何事も経験だなと思います。

さて、無事に分配金はやってくるのでしょうか…
(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
しゅうまい

しゅうまい

投稿者プロフィール

お金の話が大好きなブロガー兼フリーライターです。以前は銀行のインターネッ
トバンキングを作るシステムエンジニアをしていたことも。最近はビットコイン
などの仮想通貨が面白くて自分のトークンも発行しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
  2. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
ページ上部へ戻る