ソーシャルレンディングの歴史と今後の展望や課題

ソーシャルレンディングの誕生は、イギリスで2002年に開始したVirginMoneyと言われています。当時、VirginMoneyのソーシャルレンディングは、知りあい同士に限定した個人間融資サービスでした。

その後、2005年にZopaがサービスを開始しました。知らない人同士でも融資が行えるソーシャルレンディングはZopaが世界で初めて。2006年にアメリカのProsper、2007年にアメリカのLending clubと次々とソーシャルレンディングサービスが誕生しました。

日本では2008年にmaneoが初めてサービスを開始し、2009年にAqush、2011年にSBIソーシャルレンディング、2013年にクラウドバンクがサービスを開始。不動産特化型のソーシャルレンディングでは、2014年に日本初の全案件不動産担保型を開始したLucky Bankをはじめ、同年にOwnersBook、2015年にLCレンディング、同年に海外不動産特化型のGAIA FUNDINGなどがあります。

ここでは紹介しきれませんが、欧米や日本だけでなく、中国や韓国でも沢山のサービスが運営されていますし、今後もサービスが増えていくことでしょう。

ソーシャルレンディング拡大の勢いの発端は、2008年のリーマンショックにより、銀行の中小企業や消費者への貸し出し審査が厳しくなったことに起因していると言われています。日本では、最近「FinTech」のニュースが世間を賑やかしているので認知してきていると思いますが、個人的には、FacebookやTwitterなどのSNSの浸透やネット証券・ネット銀行などの浸透により、個人のネットへの抵抗感が下がったこともソーシャルレンディング市場拡大に大きく寄与しているのかなと考えます。

 

■ソーシャルレンディングが今後普及していくには

ソーシャルレンディングへ投資する側として、サービス運営会社に求めることは、今以上に「投資家目線に立って改善をしていくこと」です。

サイト上で、「どれくらい」の人が、「いくら」の金額を貸し付けているのか、貸し付けた先は滞りなく返済できているのか、などがカンタンに確認できるようにしておく必要があります。

また、ソーシャルレンディングの歴史が浅いこともあり、貸し付けた先が返済できなかったケースは、まだあまりないようですが、返済できないような案件が増えないように、つまり、投資家の出資金元本の保全のためにはサービス運営会社による審査力の向上は必須でしょう。

より多くの人がソーシャルレンディングに参加できることは、従来の金融機能では十分に果たせなかった、独創性のある社会的活動を促進させ、それが新たな産業の創出へつながるのかなと思っています。今後の展開が楽しみなビジネスの一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Money&You 代表取締役 頼藤太希

株式会社Money&You 代表取締役 頼藤太希代表取締役

投稿者プロフィール

1985年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社資産運用リスク管理部にて、金融工学を駆使したリスク管理業務に従事。2015年に株式会社Money & Youを創業し、代表取締役社長に就任。女性向け、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかる場FP Cafe®を運営。
若手経済アナリストとして活躍し、元気でモチベーションが高まる講演には定評があり、オリコンやマネーゴーランドなどのメディアにて投資に関するコラムを連載。主な著書:「金融機関が教えたがらない年利20%の最強マネー術」(河出書房新社)。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。ファイナンシャル・プランナー(AFP)。日本アクチュアリー会研究会員。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
  2. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
ページ上部へ戻る