「クラウドバンク」に投資口座開設する方法を徹底解説【しゅうまいの体験談3】

お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。

全くの初心者がソーシャルレンディングに挑戦して成長していく(本当に成長できるか?!)様子を連載していますので、よろしくお願いします!

今回の体験談は


今回は、クラウドバンクへの投資家申請(投資口座開設)です。 投資家申請は、証券会社に口座を登録するような感じの、最初の登録手続きです。
クラウドバンクは1万円からの投資ができるという最低金額の低さが特徴です。

私がつまづいてしまった部分も含めて、誰でもできるように流れを解説します。

準備しておくもの


・本人確認用書類の写真(スマホ撮影が楽です)
・口座を確認する通帳かキャッシュカードの写真(〃)
・マイナンバーの番号と写真(〃)

今回の私の失敗談は…


すぐに本人確認書類を送りませんでしたので、どの口座を入力したかド忘れして別の銀行口座のキャッシュカードの写真を送りました。全ての準備をしてから一気に終わらせましょう。

クラウドバンクの本人確認書類の送信はメールへの返信で行います。
それが完了すると、マイナンバーを預かる外部委託業者のリンクを含んだメールが届きますので、それもすぐに終わらせないと、マイナンバーをごそごそ探していると遅くなってしまいます。

登録手順


※全ての画面や手順は2016年3月時点のものです
https://crowdbank.jp/にアクセスするとクラウドバンクのトップページが表示されるので、「口座開設」をクリックします。

STEP1は仮申し込みです。
他のソーシャルレンディングでも似たような年齢制限がありますが、クラウドバンクでは満60歳以上の方は申し込めません。(65歳以上の方はご相談くださいというところもあり各社で異なります)

あと、パスワードは大文字・小文字・数字を各1文字以上含まないといけませんので「いつものパスワード」が使えない方もいると思います。入力したらしっかりメモしておきましょう。

「仮申し込みを受け付けました」が画面に表示されたら、メールが届きますので、すぐにメールボックスをチェックします。ここでIDが発行されています。
メール内のリンクをクリックします。有効期間の24時間を過ぎると仮申込からやり直しなので、すぐに!

口座開設の口座の種類の選択画面になります。私は個人なので「個人で登録する」を選びました。以降の手順は個人向けとなります。法人は提出書類が異なるようです。

STEP2は本申し込みです。一気にたくさんの内容を入力する画面になります。
かなり縦に長い画面なのですが、あまり長時間かけるとタイムアウトしそうなのでサクッと入力して次の画面に行けるようにします。

最初は個人情報です。長くなるのでキャプチャーでは省略しましたが、性別・生年月日・住所・電話番号も必要です。
住所が全角のみで番地を半角で入れてしまわないようにします。

個人情報は住居情報や家族構成、金融資産なども入力します。
勤務先がある方はその下に勤務先の住所・電話番号も入力します。年収も。

次は金融機関の口座情報入力です。最初はゆうちょ銀行が選択されていますが、その他を選択すると他の金融機関を入力できるようになります。
なお、金融機関名は全角のみなので英字を半角にせずに「三菱東京UFJ銀行」「SMBC信託銀行」のように入力する必要がありました。

次は投資経験の入力です。証券会社での登録とほぼ同じだと思います。

最後に同意のチェックボックスです。PDFを読んでチェックして「次へ」ボタンをクリックします。
クラウドバンクの口座を開設すると、グリーンシート取引の「Crowd Equity」も使えるようになります。

確認画面を進めて送信が完了すると、メールが届きますので、メールボックスをチェックします。

次のステップに進むためにログインをします。
IDはメールで送られてきたものを、パスワードは自分で設定したものを入力します。

STEP3の本人確認書類の提出になります。

郵送でも提出できますが、私はメール添付で提出しました。(マイナンバーは郵送できずオンラインのみです)
個人の場合は、本人確認書類とキャッシュカードなどの銀行情報が記載されたものを送ります。

入力したメールアドレスに画像添付用メールが送られてくるので、メールボックスを開けて、そのメールに返信する形で必要な画像を添付します。
この際に、スマートフォンから行った方が、撮影してすぐに送れるので楽だと思います。

ここまでは自分のペースで進められましたが、次のステップまでは時間がかかります。私の場合は4日でした。

次はマイナンバー登録のためのメールが届きます。
マイナンバーは外部の専門サービスに預けるため、再度本人確認の書類画像が必要になります。

私の場合、Macのブラウザからは対象外ブラウザとなってしまい進めませんでしたので、スマホから入力しました。何も説明が無い画面でしたが、メールで送られてきたパスワードを入力します。

すると、説明付きの画面が開きます。

予め氏名や生年月日は表示されているので、マイナンバーの12桁の個人番号を入力します。
マイナンバーの番号確認書類は通知カードでOKです。
画像は「ファイルを選択」ボタンでフォトライブラリを開いて送信できます。
パソコンからだと普通にファイル選択だと思いますが、スマートフォンからの画像送信も簡単です。

確認画面で「個人番号を提供する」ボタンを押します。

個人番号の提供が完了したら、あとは待ちになります。口座開設には審査があります。

口座開設審査の手続きが完了したメールが届き、その後特定記録の郵送で完了のお知らせが届きました。
私の場合はマイナンバーを登録してから3日後でした。

このお知らせにはログイン情報は載っていません。
完了しましたという通知だけで、あとはその後の手順の説明です。おそらく特定記録で申込住所への配達の完了が確認されてから次に進めるのだと思われます。

その後、2日でメールが届き、ここで口座開設が完了して入金ができるようになりました。

ログインして「入金」メニューを選ぶと、個人に割り当てられた専用の振込先口座番号が表示されます。
みずほ銀行でした。

感想


前の記事に書いたmaneoと比べると手順の途中で待たされる工程が多いので開設完了までは時間がかかります。
とはいえ、特に迷うような手順は無く、最後まで進められました。

スムーズに進めるためには、メールボックスをチェックしてお知らせが届いていたら次工程をすぐに実行することも大事です。
特にメールを大量に受信している人は、忘れないようにスター付けやフラグを立てたりしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
しゅうまい

しゅうまい

投稿者プロフィール

お金の話が大好きなブロガー兼フリーライターです。以前は銀行のインターネッ
トバンキングを作るシステムエンジニアをしていたことも。最近はビットコイン
などの仮想通貨が面白くて自分のトークンも発行しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
  2. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
ページ上部へ戻る