ソーシャルレンディングサービス会社の選び方

世界では5兆円規模と言われるソーシャルレンディング市場ですが、日本ではこれから成長期を迎えようとしており、サービス会社も増えつつあるところです。

ここでは、ソーシャルレンディングのサービスを提供している会社(サービス会社)の選び方のポイントを紹介します。

 

・事業を行うための登録が行われているかチェック
日本国内では金銭を使った融資事業を行うために、貸金業の登録が必要です。

また、ローンファンドの募集を行うため、金融商品取引業の登録も必要です。

サービス会社の会社概要にはこれらの登録番号が記載されていますので、必ず確認しましょう。
・資本関係をチェック
サービス会社の親会社や株主などの資本関係を会社概要ページで確認しておきましょう。上場企業との資本関係がある会社のほうが、いざというときのリスクヘッジにもなります。

 

・投資先をチェック
事業用資金融資が強いところもあれば、不動産開発への融資・投資や海外への融資・投資に特化しているサービス会社もあります。

利回りだけでなく投資先特有のリスクもしっかりチェックしリスクを最小限にできるようにしておきましょう。

 

・手数料をチェック

サービス会社によって手数料は異なりますが、だいたい1.5~3%ぐらいのところが多いようです。

この手数料は投資利回りから差し引かれますので注意しましょう。
つまり投資利回りが4.0%、手数料が1.5%の場合、4.0-1.5%で2.5%が実質の利回りとなります。

また、サービス会社によっては事務手数料を別途取っているところもあります。

 

・セーフティーネットをチェック

リスクのところでも説明しましたが、ソーシャルレンディングは元本保証がありませんが、少しでもリスクを低減するために、融資の条件として不動産を担保にしているものや、保証会社をつけて、融資先が返済できない場合に、代わりに返済をしてくれる、といったセーフティーネットが用意されているものもあります。あまりリスクを望まない場合は、セーフティーネットが充実したものを選ぶと良いでしょう。

図B

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
  2. お金の話が大好きで普段はブロガーやライターをしてるしゅうまいと申します。 全くの初心者がソーシ…
ページ上部へ戻る